格安SIM メリット デメリット

徹底解剖!格安SIMのメリットとデメリットはなに?

最近、耳にすることが多くなった格安SIM、その特徴はどういったものでしょうか。そもそも、格安SIMはMVNOと呼ばれる通信事業者により提供される通信サービスで、大手キャリアと比べて、その名の通り格安の通信サービスを利用することができます。ではなぜそのような格安な料金での使用ができるかというと、業者のMVNOのコスト削減によるもので、具体的に言うと、MVNOは自前の通信設備を保有しておらず大手キャリアから回線をレンタルしており、それを用いてユーザーへサービスを提供しています。そのため設備投資が必要ない、また、実店舗も最小限の出店に留めていることや、ユーザーへのサポートも最小限にとどめるといったように徹底したコストダウンを図っていることから格安な通信料金でのサービスを実現しています。
では格安SIMのメリット・デメリットについて説明します。
まずメリットとしては当然通信料金の大幅な削減が期待できるということです。また、大手キャリアと比較すると料金形態がシンプル分かりやすく、選択できるプランが豊富であるということからも自分に最適なプランを選択することができます。さらに、今やMVNOに様々な業界から新規参入が相次いでおり、さらなる割引を受けることができる可能性があるという点も大きな魅力の一つではないでしょうか。
利用できるエリア・通話品質についても、MVNOは回線をNTTドコモ、ソフトバンクといった大手キャリアから借りているため利用できるエリアも回線元のキャリアと同じ、通話品質もキャリアと同じく高品質であるという点です。これにより乗換をした際の利用についてもさほど心配することなく利用することができます。
では逆にデメリットはどのようなものがあるでしょうか。まずは、回線速度を絞られる可能性があるということです。特に平日の昼休みや夕方など利用者が集中する時間帯は回線速度安定せず、速度が大きく低下する恐れがあります。テキスト中心のサイトのブラウジングや簡単なメッセージのやり取り程度であれば問題なく利用できますが、画像が多いサイトや動画の閲覧をよくする方は注意が必要です。また、大手キャリアのようなかけ放題プランを展開しているMVNOもまだそれほど多くないことから、電話発信が多い方は乗り換えすることで返って料金が高くなってしまう可能性があります。
デメリットもあるとはいえ、多くの方にとってはメリットの方が大きいと思われる格安SIM、今後のプランの見直しを行う際に候補の一つとして検討してみてはいかがでしょうか。